【ぐんま山フェスタ2023】トークセッション!|自然環境課|群馬県

県自然環境課では、群馬県内の3つの県立公園(赤城・榛名・妙義)、3つの国立公園(上信越高原・尾瀬・日光)、及び妙義荒船佐久高原国定公園にある登山道・避難小屋・トイレなど、登山施設に関する整備や管理を行っています。

登山道は、豊かな自然と触れ合う機会を提供する大切な役割を担っており貴重な観光資源ですが、 一般的に標高が高く、急傾斜地や岩盤箇所などの複雑な地形に立地し、気象条件なども厳しいことから、整備や管理するのに相当なコストや労力がかかっています。

そこで、当課では「これからの持続可能な登山道の整備や管理のあり方」について、山を愛するみなさまと一緒に考えていくため、ぐんま山フェスタ2023において、様々な立場のパネリストによる意見交換や事例紹介を行う、トークセッションを開催することにしました。ぜひ、その様子をご覧ください。

また、群馬県の山岳環境を整備していくには、どのような維持管理体制や方法があるのか、PoliPoliGovによりみなさんのアイディアを募集していますので、下記URLからご意見を投稿してください!

https://polipoli-gov.com/issues/0mSlEUcW2XU7OmRdEyuc?utm_source=clfly&utm_medium=social&utm_campaign=gunmapref_1_20230928

【意見募集期間】
 2023年10月19日(木)~2024年1月31日(水)

ご意見はどなたでも投稿できます!

2023.11.20

331