悩んでいる人への対応~気づく #shorts

「変化に気づく」:家族や仲間の変化に気づいて声をかける

 身近な人が悩んでいたら、心配になりますよね。でも、どうしたらいいか分からない。そのような時にはちょっと勇気を出してやさしく声をかけてみましょう。

 ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけてあげられる人のことです。特別な研修や資格は必要ありません。誰でもゲートキーパーになることができます。周りで悩んでいる人がいたら、やさしく声をかけてあげてみてください。声をかけあうことで、安心感がえられ、不安や悩みを少しでも和らげることができるかもしれません。

 ゲートキーパーは「変化に気づく」「じっくりと耳を傾ける」「支援先につなげる」「温かくも見守る」という4つの役割が期待されていますが、そのうちのどれか一つをしてもらえるだけでも、悩んでいる人にとっては大きな支えになるかもしれません。

ゲートキーパーって、気づく、聴く、つなぐ、見守るの5つの動画をご覧ください。

ゲートキーパーに関する厚生労働省のホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/gatekeeper.html

前橋市保健所保健予防課こころの健康係

2023.09.11

841