認知症とともに生きる~自分らしく、いつもどおり~ ぐんま希望大使 本島文子さん|健康長寿社会づくり推進課|群馬県

群馬県では、認知症の理解の促進と認知症の人本人からの発信を支援するため「ぐんま希望大使」を委嘱しています。
「ぐんま希望大使」は、認知症の普及啓発活動への参加など、当事者の立場から県や市町村の認知症施策に協力していただいています。
この動画では、「ぐんま希望大使」の本島文子さんとそのご家族から、日々の生活や認知症に対する考えなどについて県の職員が話を伺いました。

0:00 オープニング
0:29 最初に診断された時と今で気持ちに変化はありますか?
1:40 ご本人と接するうえで、心がけていることはありますか?
2:45 普段はどんな生活をしていますか?
3:21 普段の生活の中で楽しみは何ですか?
4:39 普段の生活の中でどのような困りごとがありますか?
4:53 どのようなサポートがあったら嬉しいですか?
5:50 認知症になっても変わらないもの
6:21 同じように認知症を抱える仲間へのメッセージ
7:00 エンディング
【関連ホームページ】
■群馬県ホームページ
https://www.pref.gunma.jp/page/197051.html
■厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/ninchi/kibou.html

#認知症
#ともに生きる #希望大使

2023.09.27

963