令和2年度

医療「【臨床研修医必見】国立成育医療研究センター笠原先生から研修医へメッセージ」|研修医向けメッセージ|健康福祉|医務課|群馬県

群馬県で、臨床研修を始めた研修医のみなさん、入職おめでとうございます。

新型コロナウイルスの影響により、令和2年度の新臨床研修医合同オリエンテーションが中止となってしまったので、当日基調講演いただく予定であった国立成育医療研究センター副院長/臓器移植センター長の笠原群生先生から、群馬で臨床研修を始めるみなさんへ感謝と激励のメッセージをいただきました。(令和2年3月に撮影)

笠原群生先生は、群馬県出身で10年生存率91%の世界的な小児肝臓移植医です。
2019年10月のドクターズマガジン「ドクターの肖像」で特集が組まれています。
研修医のみなさま、ぜひご覧ください。

https://www.ncchd.go.jp/news/2019/20190930-2.html

2020.05.15

2,949