おさかな

ぐんまのサーモン「ギンヒカリ」 1分レシピ動画「にじま寿ロール」|G-アナライズ&PRチーム|農畜産物|ぐんまブランド推進課|群馬県

ギンヒカリの美しい色と食感を楽しめる太巻きです。一度冷凍してから酢じめにして、生のおいしさを味わえます。赤色の色素成分アスタキサンチンは抗酸化性も強く、美肌や悪玉コレステロールの排出に効果が期待されていますので、ぜひお試しください。

【材料(1本分)】
・ごはん 250g
・粉末すし酢 12g(大さじ1弱)
・ギンヒカリ 100g
  塩 適量
  酢 適量
  ローリエ 2枚
・卵 50g(1個)
  砂糖 4g
  塩 0.5g
  酒 2g
・きゅうり 50g(1/2本)
  塩 0.3g(ひとつまみ)
・とろろ昆布 3g

【作り方】
①バットの一面に塩を振り、その上にギンヒカリの皮側を下にして柵をのせ、上からまんべんなく塩を振り、ラップをかけて冷蔵庫で20分程度おく。
②うっすら水がでたら塩をさっと洗い流し、キッチンペーパーで水気をふきとる。
③ビニール袋に酢を入れ②のギンヒカリとローリエをいれて、空気を抜くように包み、冷蔵庫で10分程度寝かせる。
④炊きたての熱い飯に粉末すし酢を振りまぜてすし飯をつくる。
⑤きゅうりをピーラーで縦の帯状に切り、塩を振る。
⑥卵を割りほぐし、Aを加えてよく混ぜ、細い卵焼きをつくる。冷めたら縦半分に切る。
⑦ギンヒカリを取り出し、キッチンペーパーに挟んで水分を除いて薄く切る。
⑧巻きすにラップを敷き、⑦の切り身と⑤のきゅうりを斜めに交互に置く。その上に半量のとろろ昆布を一面に敷き、すし飯を平らに広げ、さらにとろろ昆布を敷く。
⑨端から3,4cmくらいのところに、卵焼きときゅうりの薄切りの余りを置き、ラップと巻きすを持ち上げながら、卵焼きの向こう側にすし飯を合わせるように倒し、ラップを巻き込まないように巻く。最後に巻きすの手前をもって引き締める。
⑩ラップの上から切り分けて、ラップを取り除いて盛り付ける。

【高崎健康福祉大学綾部研究室監修】

【ぐんまアグリネット】
https://aic.pref.gunma.jp/

【ぐんまブランド推進課instagram】
https://www.instagram.com/gunma_quality_official/

【ぐんまブランド推進課facebook】
https://www.facebook.com/gunmasukiyaki

●問合せ先:ぐんまブランド推進課(027-226-3129)

#ギンヒカリ
#ニジマス #巻き寿司

2023.01.27

311